2015年10月31日

母子家庭関連のニュース

今、児童扶養手当の2人目の5000円を1万円に上げてほしいというという趣旨について
署名サイトに投稿されておりとても盛り上がっている。

https://www.change.org/organizations/ひとり親を救えプロジェクト
子どもを5,000円で育てられますか?貧困で苦しむひとり親の低すぎる給付を増額してください!』

盛り上がっている理由には

常見氏と駒崎氏の議論が大きな反響を呼んでいる。

主な対立は

『ひとり親を救え!プロジェクトを端に発した常見氏と駒崎氏の論争まとめ
http://togetter.com/li/891659

こちらを見てください。

それを踏まえたうえで本質的な問題は
ひとり親=貧困という印象を世間一般に与えることは、ひとり親を支援する側が
ひとり親の家庭を精神的にダメージを与えることになるのではないのか
ということが問題なのではないのか

これは私が団体を始める前からすごく悩んでいることである。

私は母子家庭向けの学習支援をしている立場なので
この問題はひとり親の保護者側にも子ども側にも大きな影響を受けているように思える。

この問題についてすぐに答えがでるものではないが
私自身の行動として、子どもの将来の選択肢を狭める行動をしないように注意深く観察を心がけていきます。


posted by キャリアアシスタント at 00:00| Comment(0) | 代表のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。