2015年12月13日

人を動かすことについて

千葉塾の小林です。

千葉塾はやり方が春から夏、秋と変わっていっています。
こんなにもやり方が変わるのは、生徒からの要望が上がってきたからです。

自分がやりたいと思っていることを相手に認知させて、相手に要望を聞いてもらう。
端的に、言葉悪く言えば、人を利用する。
これを生徒たちは少しずつですが、身につけてきたと思っています。

この力、とっても大事だと個人的には思っているのですが、
なかなか教えることはできないです。
自分の体験からでしか得られないことだから。


千葉塾は前述のように確立したやり方がないので、先生たちは本業の傍ら試行錯誤して教えています。
だから、生徒のニーズに完璧に合ったことはなかなかできずにいます。多分。

でも逆に、生徒自身が何をしたいか、どうすれば実現できるか、人への頼み方は…等を考える力・実行する力を得られる場を提供できていることは、価値が有るなあと一人で勝手に思っています。
生徒の要望からスタイルを(可能な限りですが)変えていけるのも、とりあえず私達だけであると自負してます。

教科の方は、まだまだ成長の余地があるので大変ですが、
でも、上記のような観点での成長を見られるので、関わってよかったなあと、こっそり思っています。


そろそろ2015年も終わりますね。
来年の目標をそろそろ考えねば。


posted by キャリアアシスタント at 15:36| Comment(0) | 千葉塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。